税務担当 現王園 太郎 王道を
お客様と共に歩く

学生の頃、僕がのめりこんだのは、アメフトでした。アメフトを始めたのは中3の時です。
子供の頃からいろんなスポーツをやっていましたが、飛び抜けて面白いと思いました。
高校生の時は結構中心の選手で、大学はアメフトが強い大学に行こうと思って、選んだのがたまたま慶応だったという感じです。 東京工業大学という選択肢もあったけど、「アメフトが弱いから辞めよう」と(笑)でも、いざ入部してみてすぐに心が折れました。 アメフトのプレーはもちろん楽しかったし、学業よりものめり込んで留年するくらい打ち込んだのですが、なんせ周りの選手が 全国から集まった強者ばかり。全然ダメでは無いけど、特に注目の選手でもない、そんな立ち位置だったんです。
思えばこれが初めての挫折ですね。

自分自身が成長しなくては、
その想いから人生が動き出した。

子供の頃は、学校の勉強が簡単すぎて(苦笑)
つまらないな~というくらい、普通に勉強できて、結構スポーツもいろいろやってました。
中学受験も難なく合格し、大学もいい大学に入れましたし。社会人になってプレーしたい、なんて夢を高校の時は思い描いていましたが、無理だと悟りました。ただ、大学の研究自体もそんなに没頭できなくて、大学院まで進みましたが、このまま研究者になるのはイメージできないというか...自分には合わないと思ったんです。自分は何が好きなんだろう...?と思い返した時に浮かんだのが「人が好き」ということ。あとは「数字が結構好き」。それで、就職するなら銀行か人事の仕事かな、と思って就職活動をしました。いろいろ企業を受けて落ちたりした中で、富士通の内定をもらうことができて、「国内トップの企業だし、まぁここにしよう」そんな感じで入社しましたっけ。その後、「お前英語得意だろう」という理由で、国際人事部に移動。そこで二回目の挫折を経験しました。今度は周りの人が優秀すぎる(笑)仕事は楽しいし、不満はない。異文化に触れる事ができる環境も気に入っている。だけど自分自身が成長しなくてはいけないと思った。成長するために環境を変えてみたい、そんな想いがつのっていきました。

で、転職した先が外資系の企業。これが大失敗。人事部に所属していたのですが、本社の決定をいかに社員に穏便に伝えるか、という仕事内容で、場合によっては「嘘も方便」と自分にも嘘をつきながらごまかして人材を引き止める、そんな毎日でした。人事部なのに、一体誰のために仕事してるんだろう...すごく悩んでいました。

熱く語る姿を見て
本気で仕事、
してるんだな、と。

そんな中、出会ったのがBricks&UKです。ここだけの話、Bircks&UKに応募する前は、ビッグ4と言われる4大税理士事務所も含め何社も受けましたが、経験なし・資格なしで全く相手にされなかったんです。でもBricks&UKは違いました。経験や資格は関係ないと言われた。面接で会った梶浦代表や、室井さん(東京事務所代表)もすごく面白い人たちだなと思いましたね。 OUR VALUEを本当に熱く語っていて、本気で仕事してるんだなと思いました。だってどの企業でも立派なミッションをかかげてますけど、それを覚えてる人なんてほとんどいないじゃないですか。

こんな面白い人達と仕事がしたい!

税務担当 現王園 太郎 そう強く思いました。
入社して一番印象深かったのは、初めての融資サポート。
融資がとれなかったら倒産になってしまうという経営者さんを相手に、なぜ赤字に陥ったのか、必死に突っ込んで話しをしました。 2ヶ月半くらいかかりましたね。「あぁ、1対1の親密な人間関係が僕はずっとしたかったんだな」と、その時分かりました。
僕は昔から王道が好きなんです。地道に一生懸命やっている経営者は絶対成功する。それが王道です。 その王道をお客さんと一緒に歩いていく。そんな仕事を今後も続けたいですね。

その他の仲間達

少しでも興味が湧いたら… 会社見学会へ
遊びにきてください!

Bricks&UKが社内見学会を随時開催中しております。
少しでもBricks&UKが気になり始めた方は、
ぜひ遊びに来るような感覚で見学しにいらしてください!。

会社見学へ応募する