税務担当 山田 沙也 はじめて言われた
「ありがとう」を
たぶん一生忘れない

Bricks&UKに出会ったきっかけは、採用情報が載ったパンフレットを見たことです。
他の事務所が募集要項など載せているのに対して、Bricks&UKの求人情報には何も載っていなくてキャッチコピーだけ。
他の事務所とは違う何かを感じて、試しに会社見学に行ってみよう、と思ったのがきっかけです。

実際事務所に行ってみて一番思ったのは「女性が多い」ということ。
私の税理士事務所のイメージは、男性、しかも年齢は中年以上、だったのですごく新鮮でした。
「女性が活躍している税理士事務所」それが入社の決め手になったポイントです。

税理士を目指すきっかけは
家族を助けてくれた
若き税理士

私は中学生の時には、「将来税理士になろう!」と決めていました。
そのきっかけとなったのは、一人の税理士さんとの出会いです。
私の祖母は家業を営んでいるのですが、私が中学生の時に経営が傾いたことがあったんですね。 その時に助けてくれたのが、30代くらいの若手の税理士さんでした。 とても親身に対応してくれ、喜んでいる祖母を見て、「私もこの人みたいな税理士になりたい!」と強く思いました。 それまで外でスポーツばかりやっていて、どちらかというと勉強が苦手だった私ですが、目標が明確になってからは、勉強に励むように変わりました。

入社して1年半、「私変わったな」と感じるのは、自分から積極的に話しかけるようになったこと。
これまでは話かけられるのを待っているような、人見知りで受け身の性格でした。 今はスペシャリストさんをまとめる役割として、スペシャリストの方がビジターさんと円滑なコミュニケーションがとれるように、積極的に話しかけたり、ランチに誘ったり、自ら働きかけるようにしています。

自らのアイディアが
受け入れられた感動

税務担当 山田 沙也 税務担当者としてやりがいを感じるのは、お客様に「ありがとう」と言われた時ですね。
お客様の融資のお手伝いをした時の事です。それまでは先輩の真似やこれまでのやり方を踏襲するだけだったのですが、初めて自ら考えて、銀行さんとお客様の調整をし提案をしました。 その結果、無事融資も得ることができ、お客様にも喜んでいただけました。
初めて「ありがとう」と言われた事は、これから忘れることは無いと思います。

今後の目標は、年齢に関係なく、お客様に頼られる存在になること!
自分が必要とされる場所で、一生懸命やっていきたいです。

もし今、自分には税理士事務所で働くなんてハードルが高いな、と思っている方がいたら「心配無用だよ!」と伝えたいですね。Bricks&UKに入社することで自分が変わるきっかけにもなると思います。
内気だった私も積極的になったんですから、絶対変われると言い切れます!

その他の仲間達

少しでも興味が湧いたら… 会社見学会へ
遊びにきてください!

Bricks&UKが社内見学会を随時開催中しております。
少しでもBricks&UKが気になり始めた方は、
ぜひ遊びに来るような感覚で見学しにいらしてください!。

会社見学へ応募する