プロモーション担当 吉野 千春 一生懸命、
やるだけです

子供の頃から絵を描くのが好きで、周りからも上手だねと言われていたので、「将来は画家になりたいなぁ」なんて思ってました。 でも、親に「画家なんて食べていけないよ」と言われ、あっさり諦めて何も考えず大学に入ったという感じなんです。
富山大学です。
受験も失敗したくないから、受かるところを受験した、そんな感じです。
何事も安全な道を選んでチャレンジしていなかったんですね。
何も考えていなかったので、就職活動の時にすごく苦労しました。 志望動機も自己PRも何を書いていいのか分からない。 そんな状態で、もう何社落ちたか分からないくらい落ちました。ようやく内定をもらった地元福井の会社では、事務の仕事をしていました。

アットホームな環境で安定の仕事
でも、このままでいいのだろうか…?

アットホームでいい人達ばかりの環境でしたが、一通り仕事を覚えたところで、
「このまま一生を終えたくないな...」
そんな想いが突然わいてきたんです。でも、すぐには何をやりたいのか、何ができるのかも分からない。 そんな中、Webディレクターという職種があることを知りました。 デザインはしないけれど、お客様の話を聞いて、それを現実化するために噛み砕いてデザイナーに伝える。 それだったら好きなデザインにも関われるし、自分にもできそう! そう思いました。Web関係の仕事なら都会に行かなくては! でも東京は怖い(笑) それで名古屋に引っ越して、昼間は派遣社員として働いて、夜はスクールに通って勉強しました。

5年間のWeb制作会社勤務で経験を積んだところで、ただの制作はルーチンワークみたいでつまらないな、と思い始めました。 「Webはツールであって、制作することが目的じゃない。Webをいかに活用するかまで考えたWeb制作がしたい。」そんな想いで転職活動を始めてBricks&UKに出会いました。周りの人は結構びっくりして、税理士事務所で本当にやりたい仕事ができるの?と心配していましたが、私は確信みたいなものが結構あったので、実は他の会社は受けていません。

「ありがとう」と
言ってもらうために、
ただ一生懸命やればいいんだ

税務担当 柴田 泰伸 相変わらず慎重な性格なので、大きな失敗や怒られた経験は無いんですが、印象に残っていることがあって、ある会社のWebサイトを担当をした時に、経営者さんから「一生懸命だね」と声をかけていただいたたんです。
昔から「真面目だね」と言われる事が多くて、自分では「優等生で面白くないね」と言われているようでずっとコンプレックスだったんです。でも、その方には「一生懸命だね」って言っていただけて、とても吹っ切れました。 私はお客様に「ありがとう」と言ってもらうために、ただ一生懸命やればいいんだ、と。
その時に、「社会を豊かにする」の意味が少し分かった気がします。
今後も、目の前のお客様のために一生懸命向き合って、その方の「ありがとう」のために自分ができることをする。
そんな仕事をし続けたいなと思います。

その他の仲間達

少しでも興味が湧いたら… 会社見学会へ
遊びにきてください!

Bricks&UKが社内見学会を随時開催中しております。
少しでもBricks&UKが気になり始めた方は、
ぜひ遊びに来るような感覚で見学しにいらしてください!。

会社見学へ応募する